魚沼言葉と土佐弁の類似性について

金曜日の深夜にユーチューブで昔TBSでやっていた【仁・JIN】を観ていて

ふと気づいたことがあったのでアップしました。

表題は難しいのですがただ実家の新潟の魚沼、特に旧北魚沼の方言と

劇中で坂本龍馬が話す土佐弁に語彙、言い回しにかなりの類似性を感じました。

当然全く違うのですが、単語に関して同じ言い回しがあったりで、新潟と

それも遠く離れた四国の土佐とどういった接点があるのかと興味が湧きました。

ネットで検索しても何もヒットしませんが・・・・

ご存知のように新潟は南北に長く、京都に近い地域から上越、中越、下越となります。

新潟弁と言われるのは存在しない気がするのですが、まあアクセントは共通かも

しれません・・・本当に地域で異なった方言があります。

私の実家は長岡に近い方なのですが、当然長岡弁とは違います。

単語が違っていて隣の旧南魚沼の人達とは通じません(もちろん特殊な言い回し

だけですが・・・)

このドラマは入院中にすべて観ました・・・おかげで携帯料金がとんでもないことに

なったのですが・・・・原作はまだ読んでいません。

やっぱり野風役の中谷美紀が最高です(笑い)

コロナ禍でもう2年も実家に帰っていません・・・・100 歳のお袋に会いたいと

切に思います。

ワクチン接種が終わらないと無理なようです。

それでは皆様くれぐれもコロナにご注意を!!!!!!!!!!!

ご愛読感謝です。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。